薄毛のメカニズムとミノキシジルの役割と副作用

薄毛にお悩みの方は、そのメカニズムよく治療で使用されるミノキシジルの役割と副作用について知りたい方がいらっしゃるでしょう。

薄毛の原因として、血液循環不良によるものが見られます。

頭皮への血流が悪くなると、髪の毛の元である毛乳頭の発育が滞り抜け毛が増えます。

ミノキシジルには、この血液循環を改善し育毛を促す効果が見られるます。

しかし、薬には副作用があることもあり使用するうえで注意が必要です。

また、薄毛には男性ホルモンが影響し、このホルモンの影響で毛乳頭の細胞分裂がゆるやかな方も見られるます。

その他に皮脂が多く分泌されていると毛穴がつまり髪の成長が阻害されやすくなります。

また、頭皮の緊張が続くと血流が悪くなり髪の成長に影響がでます。

このように、薄毛のメカニズムを医師に診断してもらい、必要な治療を行う事が重要です。

ミノキシジルは、発毛を促す効果がありますが、場合によっては抜け毛を防ぐ治療も必要になります。

薄毛の治療には、そのメカ二ズムを知り適切な治療を受ける事が大切です。

薄毛の原因は、その方により異なるのですが、男性のAGAに使用される薬としてミノキシジルがあります。

この薬は、市販の育毛剤にもその成分が使用されている薬で病院では内服薬を処方することで薄毛の治療を行っています。

ミノキシジルは、アメリカで高血圧の治療薬として開発されていた薬ですが、毛細血管を拡張させる作用があるので育毛に効果があることから日本でも使用されている薬です。

男性に多いAGAや女性の壮年性脱毛の治療に役立っていますが、服用後に副作用を感じる場合があるので注意が必要です。

代表的な副作用に、頭皮の赤みやかゆみそして湿疹が出る方がいますが、多くの方は軽症ですが中にはそうでない方もいます。

その場合には、速やかにかかりつけの病院で診察を受けましょう。

この薬以外に、併用している薬がある場合には特に副作用に対して慎重に対応するのが望ましいです。