ミノキシジルのメリットと気をつけたい副作用

どの薬を使用するうえでも同じですが、ミノキシジルを使用する前にどのような副作用があるか把握しておくことは大切です。

ミノキシジルによる副作用で多い例が、多毛症が見られます。

多毛症とは、頭髪以外の体毛が太くなったり濃くなる症状です。

例えば、手の甲や背中など今まで体毛がほとんどなかった方で多毛症の症状が現れる場合があります。

ミノキシジルを使用後に顔などにむくみを関入る方もいます。

その他に、血圧が下がることにより動悸や不整脈になる方もいます。

また、長期間服用している方のなかには、肝機能障害が見られる場合があります。

これは、薬は肝臓で分解するためであり、お酒を飲む方は医師の指示に従い定期的に血液検査を行う必要があります。

これは、この薬に限らず長く薬を使用している方にとって必要な事です。

これらの症状について予め知っておくことで、対応が可能になり安心してこの薬を使用できます。

薬の効果と副作用の両方を把握しましょう。

AGAの治療薬として使用されているミノキシジルは、内服薬と外用薬があります。

病院では、内服薬を処方されるケースが多いのですが、この薬の効果はまず毛細血管を拡張することにあります。

AGAで悩んでいる方の多くは、血行不良による肩こりも感じていないでしょうか?

ミノキシジルには、知らない間におこっている血行不良を改善し発毛をうながします。

しかし、気をつけなければいけない副作用として低血圧をおこす場合があることです。

多くの方が感じる症状ではありませんが、めまいななどの体調の変化があればすぐに医師に使用の相談をしましょう。

この薬を使用していると、頭皮にかゆみや湿疹があらわれる方もいますが。

副作用かどうか確認する必要があります。

必要なのは、今までにない症状が現れた時点で医師に相談をすることです。

また、使用前に必ず医師と相談をして使用が可能かどうか確認をし、メリットとデメリットを把握したうえでAGAの治療をしましょう。